激安サッカーユニフォーム.com > 練習 Archive

練習 Archive

リアクション (2)

前回、リアクション的フィジカルしましたよね。

これをちょっと1対1に取り入れてみましょう。


まずね。

前回同様、ボールを投げてもらうのね。



150318-1.JPG


写真で入りきらなかったけど、画面に入らなかっただけで、この写真の左右にゴールがあります。

で、投げてもらった瞬間1対1がスタート。

なんですが、ボールをボクが弾いて方向を変えます。



150318-3.JPG



9番の子は左に、99番の子は右に攻めます。

ボールの弾き方は左右に振りましょう。


反応が早ければ、あっさり裏とって終了できますよ。

反応を早くして、そこからの1対1。

さあ、立派なリアクション選手になりましょう!

リアクション (1)

  • Posted by: ユタカ
  • 2015年5月 8日 17:41
  • 練習

バラエティ番組が好きです。
 
ちょっと前の番組だと、ネタ番組が多かったですよね。
 
そのネタ番組でちょっと流行ると、色んな番組に呼んでもらえて。
 
そして、そのまま売れたり消えたり。。。
 
 
その差って?

やっぱりね、フリートークじゃないかなと思うんです。

要は、その場その場の話で笑いが取れるか?ってとこで。
 
 
 
さて。

サッカーの話しましょうかね。

ちょっとしたフィジカルトレーニングやりましょう。


まずは、走る側の人にボールを投げてもらって。


150317-1.JPG



で、走ってきてもらって(ダッシュ)。



150317-3.JPG


ボクが弾いたボールをキャッチしてもらう。

もちろん、地面にボールを落としちゃダメ。


150317-4.JPG



ギリギリ取れるかってとこに落としてくださいね。

要はボールに反応して、すぐにアクションとれるかどうかって。

決められたコントじゃなく、その場その場の対応ができるかどうか?

ただ、決められたコースを走るんじゃなくって、こういうリアクションフィジカルもたまにはいかがですか?

コーンドリブルの進化 (2)

この前、タイのデパートでファミコンを売ってるの見ました。

懐かしいですね。

それから、スーパーファミコンやらPCエンジンなんて出たりして、プレステがでて。

その先はついていけないっす。

この前、3DSってのを聞きましたよ。

なんでも、3Dなんでしょ?

もう、凄すぎっす。


ってことで、コーンドリブルも3D化を。



140607-6.JPG


コーンが無かったからこんなの置いてますが、大き目のコーンを倒してください。

その上をボールを浮かせてかわしましょう。


実際にボールを浮かせて相手の足をかわすって、意外と使えますよ。

サッカーテニス

  • Posted by: ユタカ
  • 2014年3月 8日 11:18
  • パス | 練習

今更だけど。

みたいなことって結構ないですか?

この前、久々にサッポロ1番味噌ラーメン食べたんですけど、やっぱ上手いっすね。

 

と、言うことで。

今更ですがサッカーテニスしてみましょう。

 

 

140227-1.jpg

 

 

遊びだ遊びだと言いますが、これかなりいい練習になりますよ。

 

基礎練習ってやつ。

ボール投げてインサイドとか。

そんなやつより生きたずれた球が飛んでくるワケですよ。

しかも、それを相手の嫌なとこに返さねばいけないワケですよ。

 

ワタクシもこいつらの相手をするワケですよ。

ちょっと回転かけたり、足の上でボールを乗せる感じでふわっと返してみたり。

 

感覚ってやつです。

感覚ってやつをくすぐりますよね。

それ以前に、きちっとインサイドとか蹴るようになりますよ。

 

今更ですが、ちょっとやってみませんか?

リフティングの初歩

今も流行ってるのかな?ドラクエ。

ボクはロールプレイングゲーム、RPGってやつが苦手なのです。

もうね、レベルを上げてコツコツってのが出来ないのです。

イラッとして迂闊に遠出して、レベルの高いモンスターに瀕死の目に合わされるのです。

さて。

リフティングなんですけど、小さい子や初心者に無理やりリフティングやらせてもまあ続かないですよ。

リフティングをやることすら続かないですよ。

だってさ。。。

140227-2.JPG

すぐにこんなんになるんですよ。

面白くもないですよね。

もうちょっとで出来そうって感じがなきゃやりがいないっすよ。

じゃあさ。

思い切って落としちゃおう。

140227-3.JPG

ワンバンして突いてワンバンして突いての繰り返し。

それが出来たら2回突いてワンバンして、2回突いてワンバンして。

で、ここからです。

今度はこんな枠作ってみましょう。

140227-4.JPG

この中から出ちゃ駄目ね。

で、同じこと繰り返そう。

2回突いて、3回突いて、5回突いて・・・

ちょっと頑張れば出来そうっていう設定をうまく設けましょう。

8の字ドリブル II

〇〇も ちょっと工夫で この笑顔

なんかこんな川柳なかったでしたっけ?

前回は8の字ドリブルを横にやってましたよね。

今回はさらに一工夫かけてみましょう。

140205-3.jpg

140205-4.jpg

ちょっと写真じゃ見づらいんですけど、今回は縦でやりますが縦で体の向きは同じにします。

黄色を回ったら、そのままの体の向きで(要はバックですね)赤を回る。

こういうルーチン的なのも体に染み込ませれば、いざという時に咄嗟に体が動くかもしれませんね。

分かってます。

そんなにこれが面白くないことは。

でも、ちょっとお試しあれ。

きっと役に立つはず。

8の字ドリブル

最近、車を買いまして。

タイは渋滞が多いですよね。

街中なんて言ったら結構なもんですよ。

いかに裏道とか細かい道を知ってて回り道できるかがポイントになりますね。

さて。

そんな渋滞中なのにガッツリ突っ込んじゃうような子供。

要はドリブルで相手に突っ込んじゃうヤツ。

更にぶつかってるのに突進を止めないヤツ。

そんな奴らに朗報。

こんなことしてみませんか?

前にも紹介したことのある8の字ドリブル。

の、変化形。

140205-1.jpg

140205-2.jpg

前のと何が違うか分かりますか?

今回はこっち向いて横にやってるんです。

黄色の外を回って赤の外を回って・・・って。

体の向きはこっちなんです。

相手がいた時に真っ直ぐ突っ込むんじゃなく横に移動しながら相手と体を入れ替える。

こんな意識ですかね。

さて、次回はもう1種類。

リフテク (1)

そういえば最近リフティング技を見せてなかったな。

なんて、思って簡単な技を。

やり方はコチラ。

まずは落ちてくるボールをまたぎます。

131227-1.JPG

そしたら、またいでない方の足でボールを蹴り上げます。

131227-2.JPG

 

これで完成。

こういう簡単な技から少しずつレベルを上げていきましょう。

出来ればきっと、もっとサッカーが楽しくなる。

パス交換

  • Posted by: ユタカ
  • 2013年11月15日 14:15
  • パス | 練習

夏に日本に帰った時に広島に行く機会がありまして。

久々に新幹線に乗ったんですね。

いやぁ、テンション上がりますよね。

何が楽しいって駅弁ですよ、駅弁。

で、広島駅で駅弁を買ったんですが、広島の名産のおかずが色々入った幕の内弁当を買ったんですよ。

一つのお弁当で色んな味が楽しめる幕の内弁当。

なんか、お得ですね。

 

さて、お弁当の話はさておき、パス回しでこんな事でもやってみましょう。

まず3チームくらいに分けますね。

そして、各チームごちゃ混ぜになるくらいのサイズで各チームでパス回しします。

 

 

131031-1.JPG

 

 

するとね。

こんな時折感じになるんですよ。

 

 

131031-2.JPG

 

 

紺色の子がパス出そうとした先に水色の子が。

こうすると、水色の子の後ろの子にパスを出そうとしたらその前の水色の子に当たっちゃいますよね。

だったらこうしましょう。

 

 

131031-3.JPG

 

 

水色の後ろの子が動けばいいんです。

こうやってパスコースを作る動きを覚えましょう。

 

さて、ココからです。

ちょっとおかずを変えてみましょう。

ボールを持ってる側の子から考えてみましょう。

彼が考えなくてはいけない事は何でしょう?

パスコースに相手がいたら他に切り替えるという、探すという事ですね。

 

更に。

2タッチ制限にすると、パスコースを作るために1タッチ目でボールを動かすことを考えなきゃいけないかもしれません。

 

一つの練習でも視点を変えるだけで色んな事を指導できますよ。

結果を残すことでフェイントが活かされる

一対一の自分がディフェンス時に、敵が攻撃を仕掛けてきました。

さて、敵は何をしてくるでしょう??

1本目

右にドリブルしてきました。

カットに成功。

2本目

左にドリブルしてきました。

カットに成功。

3本目

フェイントをかけながらドリブルしてきました。

カットに成功。

4本目もきっと読みやすくわかりやすい攻撃を繰り出してくるでしょう。

だから簡単にカットできます。

なぜ??

それは自分がカットしている結果が出ているからです。

 

1本目、2本目をカットした結果が残れば

その時の敵の心境は右も左も行けないと考えてしまう。

フェイントにだまされる時というのは、迷いが生じたときです。

 

相手が一度でも自分に脅威を与える結果を残すならば、

また次もやられてしまうかもと注意します。

 

その時に迷い、フェイントをかけられたらだまされてしまうでしょう。

 

ということは

自分が攻撃時にフェイントを効果的に使用するときは

いくつかの選択肢を敵に与えれば良いということになります。

 

一度右にドリブルで突破した結果を残せば

右に突破をするフリして、左に突破するというフェイントが通用するのです。

一度シュートを打ってゴールした結果を残せば

シュートを打つフリをして切り返すフェイントが活かされ、

相手のまたを抜いたパスを成功させた結果を残せば、

次回は股を警戒して閉じるので通常のパスが通りやすくなります。

pivo(FW)でパスを受けてしっかりキープして壁パスからシュートが決まれば

次回はキープからパスをするフリをして、反転シュートができます。

このように

1度2度プレーで結果を残すことで、次のフェイントが活かされてくるのです。

ということで

試合が開始されたら、先ずは各局面で結果を残して

敵を錯乱させましょう!!

それが出来れば、フェイントが使用し放題になり

楽しくなり

試合も有利に進めることが可能になります。

結果をフェイントに活かしましょう!!

シュートダイレクト ~改善~

さて。

シュートダイレクト!

って言った事によって起きてしまったこんな状態。

130705-1.JPG

ボクはこうしてみます。

パス10本つないだら1点。

ってすると、。。。

 

敵がゴール前にいたら後ろでボール回しちゃえ。

 

130705-2.JPG

 

するとね。。。

 

130705-3.JPG

 

ホラ、相手がボールを奪いに来た。

そしたら前に走り込んで裏のスペース奪っちゃおう。

 

130705-4.JPG

 

これで、サポート早めたらダイレクトで打てますね。

 

こんな練習やってみようかな?

なんて思った時、だいだい子供って意図したことに届かないんです。

だから、そこで修正かけるのって指導者の腕の見せ所ですよね。

シュートダイレクト ~お題~

シュートダイレクト!

なんてルールでミニゲームをやった場合、サポートに行ってほしいとか、シュートを打つスペースを空けて入り込むとか、そんな意図があるわけなんですが、その意図を相手側がルールの落とし穴で守ったりするんですよね。

要はドリブルしてる選手にプレスかけずに周りの選手にマークばっかりつくなんてこと。

もう、気付けばゴール前は敵だらけ。

それは練習として成り立って無いですよね。

こんな状態。

 

130705-1.JPG

 

さて。

こうならないように新ルールを設けましょう。

あなたならどうします?

逆行してみよう

海外生活長いと、ふとした時に鼻歌を歌うとその歌がやたら古かったりするんですね。

名曲と言うものに時間が加わって、また味が出て歌うと気分がよくなるもんです。

そして、本当の名曲はカバーされたりして最近もまた出てきたりしますよね。

 

さて。

最近の子供の練習。

2タッチゲームなんてやってますよね。しかも結構出来ててレベル高いなって思いますよね。ボクが小学生の頃にやっていなかった4対1とか3対1のボール回しなんて、今は結構やるんですよね。

それはそれでいいと思うんですよ。

 

ただね。

昔ながらのなかなかいい練習も発掘しましょうよ。

ボクのおススメはこれ。

 

パス禁止のゲーム。

 

もうね、ひたすらドリブルしろって話です。

ただ、ボールが1個しかないと群がり過ぎてドリブルが出来ません。なので、2個ぐらいでやってみましょう。だいたい5人に1個くらいの数が妥当ですかね。

これね、ボクが小学校の頃よくやったゲームです。

ふと、思うとあんま最近見ないんですよね。

でも、これやるとドリブルの力がグンと伸びますよ。

 

昔ながらの良いものを、もう一度カバーして現代で活用しながら近代トレーニングも入れていくと、なかなか味のあるサッカー小僧が育つんじゃないでしょうか。

ボール回し 入門編(2)

  • Posted by: ユタカ
  • 2013年4月12日 09:55
  • パス | 練習

さて。

3対1のボール回しで、範囲がフリー。

もちろんプレッシャーがかかるので中途半端なキックでは上手くいきません。

 

でも、範囲が広いから・・・


ボール回し 入門編(2)-1


広がりすぎたりしますわな・・・

でも、いいんです。

だから1タッチなんです。

続きを読む...

ボール回し 入門編(1)

  • Posted by: ユタカ
  • 2013年4月 5日 16:49
  • パス | 練習

いきなりですが、実戦とほど遠い練習ってつまらなくないですか?

 

前に言ったボール回しもそうですよね。

意識させるポイントによって意味のないものになっちゃいますよね。

で、今回はボール回しをそういう風に使わずにキックの練習に使ってみましょうよ。

 

普通にこうやってパスパスしますよね。


ボール回し 入門編(1)-1

続きを読む...

ボールポゼッション (2)

さて。

前回紹介したボールポゼッション。

こんな事に気を付けましょう!

 

まず。

たぶんこの練習をやると無理に前に進みたがるんじゃないでしょうか?

そんな必要ございません。

 

そして、ダメなら自分の方にいるゴール役の子にパスをしちゃってもいいんです。

ゴールの子を使うと2人多くなることになりますからね。

 

でですね。

こういうと今度は攻めれなくなるんじゃないですか?

 

こんな状態ならどうします?

ボールポゼッション(2)-1

続きを読む...

ボールポゼッション (1)

ボールを回せるようにしよう!

って言って、5対5とか6対6でボール回しとかやりませんか?

ボク、あれ苦手です。

何が苦手って、どこに向かってどこを目指してパスを回せばいいかよく分かんないんですよ。

 

やっぱり、向か言う方向(ゴール)があった方がイメージがしやすいですよね。

守る方もこっちに追いやろうとか。

 

で。

こんなんいかがでしょう。


ボールポゼッション(1)-1

続きを読む...

責任感

  • Posted by: ユタカ
  • 2012年11月12日 13:34
  • 練習

ミニゲームやっててよく耳にするこんな言葉。

"今、こっちのチーム勝ってるよ。"

いや、これは悪い事じゃないですよ。

でもね、こういうのを気にする子って、活躍してないのに自分のチームが勝ってるからって満足してるパターンが多いんですよね。

 

ボクの理想は、自分が活躍してチームが勝つ。

ってのが理想です。

 

練習では、チームが負けても自分がどれだけ活躍したか?どれだけ頑張ったか?が大事だと思うんですね。

じゃあ、そこをくすぐっちゃいましょう。

 

続きを読む...

年功序列

  • Posted by: ユタカ
  • 2012年11月 2日 09:51
  • 指導 | 練習

ボクがまだ小学生の頃、"アイツ1個下のくせに生意気だ!"なんてセリフをよく聞いたもんです。

それに対して先生は"1個違うだけでそんなに違うの?"なんて言ってたもんです。

ま、そんな昔話は置いときまして。

 

ボクが手伝ってるお父さんコーチたちがボランティアで指導してるチームがあるんですけど、ちょっとややこしい。

何がややこしいって、急激に人数が増えたんですね。

で、増えたのは良いんですけど、そりゃそこそこ出来る子も出来ない子もいますよね。

 

そこでね。

出来る子は上に上げちゃえばいいじゃん。なんて意見が出るんですね。


続きを読む...

エンドレスゲーム

  • Posted by: ユタカ
  • 2012年10月26日 18:58
  • 練習

サッカーってゲームが1番良いと思うんです。

ゲームに全ての要素が入ってるし、練習はうまいけど本番は大したことないなんてのはゲームをやってないからだと思うんです。

でも、練習ばっかやっちゃったりしませんか?

それやりすぎると、ゲームをどうやっていいか分からなくなっちゃうんですよね。

 

正しいテンションで正しいやり方をすれば、子供のうちなんてゲームばっかりやっても上手くなるんですよ。

しかも、楽しさしか感じない。

 

さあ。

じゃあ、ゲームを始めましょうか。

って時に、残念。

なんか微妙に人数が多い。

そんな事ないですか?

続きを読む...

ハンド推進委員会

  • Posted by: ユタカ
  • 2012年1月28日 14:13
  • 指導 | 練習

先日、フットサルをやってる人にこんなことを言われました。

"サッカーはあんなにスペースあるのになんでスペースの作り方が下手なの?"って。

そんな話するからフットサルとサッカーがいつでも喧嘩しちゃうのよとか思いながらボクは思うのです。

 

結局、ちゃんと自分とボールが動けばスペースなんて作れるのよね。って。

 

でね。

子供の指導をしてるとよくあるワケですよ。

相手ディフェンダーの後ろに立って"ヘイヘイ"って呼んでる子。ボクはそこでボールがもらえるか試そうとわざとパス出して相手にカットされます。

ホレ、そこ通らないじゃんって。

 

さて、このもらう側の人間。

サッカーって本当はしっかり動かないとパスってもらえないんですよね。

でも、だからボクは提案します。

続きを読む...

3点ゲームの特徴と効果

  • Posted by: ナオキ
  • 2011年12月28日 13:57
  • 練習
3点ゲーム最大の特徴は
逆転劇があり、それを体験できることです。


逆転するまでの過程でも
様々な学びがあります。


相手チームに
1点入れられた時は
修正して戦い方をたてなおし


2点入れられた時は
1点入れられたら試合終了という崖っぷちの状況を
打開しようと必死にを見つけようとします。


精神的にも強くなり
崖っぷちの状況でもあきらめないで
逆転のチャンスを見つける力を身につけることが出来ます。

続きを読む...

3点ゲーム

  • Posted by: ナオキ
  • 2011年12月10日 14:33
  • 指導 | 練習

3点ゲーム・・・3点先取したチームが勝利というルールのゴールをコーンに置き換えたミニゲーム。
         (負けたらペナルティ)


私が小学生の頃は
ほぼ毎日3点ゲームの練習の繰り返しでした。


その当時
何の意味があるか理解出来ず
黙々とプレーしてましたが


今考えると
この練習には上達するために必要なことが
沢山含まれてました。

続きを読む...

黙秘

  • Posted by: ユタカ
  • 2011年12月 3日 11:27
  • 練習

"頑張りまっしょーい"

"うおおおーーーーい"

"声出していきまっしょーい"

"うおおおーーーーい"

 

高校の頃の部活でよくこんなシャウトをさせられてました。

こんな声が練習中に少なかったりすると上級生に"1年声出せよ"って怒られるんですよね。

の、わりにゲーム中に"パス出せっ"とか言うと、"生意気でうるせえ"ってこれまた怒られるんですよ。

もう、先輩って生き物は脳になんかしらの障害を抱えてるのかと思って接してましたもん。

で、こんな声ばかり出してるやつに限ってゲーム中に大事な、"サイド空いてる""遅らせろ""右切れ"みたいな、ようするに声じゃなく指示を出せないんですよね。

 

まあとにもかくにも日本の高校生は声を出させるのが大好きですね。


続きを読む...

のぼり棒


のぼり棒・・・主に小学校で、地面に直立した棒を上るトレーニング器具。


そういえば
小学生の頃

ドリブルの練習として

使用していたのを思い出しました。


みんなより早く行って
チーム練習前に練習してのを覚えています。


チーム練習では
コーンでゴールを作った
ミニゲームが主流だったので

狭い中での判断力テクニックが必要でした。

続きを読む...

ボールで遊ぼう

  • Posted by: ユタカ
  • 2010年10月30日 20:12
  • 練習

モンゴルに行ってきまして。

セルビア人のコーチと知り合いまして。
彼の指導を見まして。
すごくヨーロッパな練習でしたよ。内容はまあ置いときまして。


でね。


 

続きを読む...

一工夫

  • Posted by: ユタカ
  • 2010年9月11日 14:12
  • 練習

さて、第一回の挨拶も終わったところで、こんな事を考えながら指導、練習したら良いんじゃないってのをご紹介。

 

その前にこんなお話を。

ある男性が、ホテルのレストランでプロポーズをしようと決心しました。

彼は予約の際に、レストラン側にその事を伝えておきました。

すると、そのレストランは彼らの座るテーブルに、1輪の花を飾っておきました。


1輪の花がその場の空気を和らげて、2人は結婚する事になりました。


続きを読む...

Index of all entries

激安サッカーユニフォーム.com > 練習 Archive

Feeds
Links

Return to page top