激安サッカーユニフォーム.com > 指導 Archive

指導 Archive

団子サッカー

よく1,2年生のサッカーで団子サッカー見ますよね。

みんなあれを止めさそうとしませんか?

まあ、ずっとあれってのもよくないですけど。


まず、あれってみんなボール触りたいからでしょ。

とりあえず触りに行かせてあげましょうよ。

あの、輪の中からするするっとドリブルの上手い奴って出てくる気がするんですよね。

あとですね。

昨今、上手い選手って結構いるんですけど、人に当たるのってあんま好きじゃなさそうなんですよね。

ああいう団子サッカーやると、すんげえバチバチ当たるんですよね。

今の時代、体を当てるのが嫌じゃない選手って重宝されると思うんですよね。


団子サッカー。

まあ、いいもんじゃないですけど、ちっちゃいうちは放っておいてもいいんじゃないですかね。

泥水の中に一輪の花みたく、急になにかが出てくるかもしれませんよ。

ポジション

  • Posted by: ユタカ
  • 2015年6月19日 09:38
  • 指導 | 管理

サッカーの試合をしましょう。

で、誰がキーパーをやって、ディフェンスが誰でって話をしますよね。

要はポジションを決めるワケですよ。

そう、ポジションって結構大事ですよね。


でもね。

そのポジションの話なんですけど、それってピッチ上だけの話なんですかね?

実はチームを作る時に、チームの中でのポジションってのがチームを作るうえで大事なんですよ。


みんなをまとめられる奴。

プレーで引っ張っていく奴。

準備とか片付けで力を発揮する奴。

まあ、色々なキャラがチーム内のポジションに付いてくワケです。


ここで、1番重要なポジション。

ボクがチームを作る際に必ず置きたいやつなんですけど、お笑い担当です。

そういうやつがいると、チームに一つゆとりが生まれます。

ピリピリした空気も、ちょっと和ませたり過剰な緊張感を和ませますよね。


実はこういうやつって、人としてはすごく優秀だと思うんですよ。

選手を育てようという気持ちも分かりますが、最終的に社会人として働くんですから、こういう能力もきちんと評価してあげた方がいいですよね。

コーンドリブルの進化 (2)

この前、タイのデパートでファミコンを売ってるの見ました。

懐かしいですね。

それから、スーパーファミコンやらPCエンジンなんて出たりして、プレステがでて。

その先はついていけないっす。

この前、3DSってのを聞きましたよ。

なんでも、3Dなんでしょ?

もう、凄すぎっす。


ってことで、コーンドリブルも3D化を。



140607-6.JPG


コーンが無かったからこんなの置いてますが、大き目のコーンを倒してください。

その上をボールを浮かせてかわしましょう。


実際にボールを浮かせて相手の足をかわすって、意外と使えますよ。

コーンドリブルの進化 (1)

工場で働いてた頃。

ルーチン的な仕事が嫌で嫌でね。

ちょっとなんかしらの刺激があればいいんでしょうけど、そんなん全くないワケですよ。

ただただこなすだけですよ。


さて。

子供の練習でもそんなことないですか?

コーンドリブルってやつですよ。

無機質にルーチンのごとくこなしてゆく。。。は、言いすぎですが。


じゃあ、こんな事してみましょう。


140607-1.JPG



こうやってドリブルするんですけどね。。。



140607-2.JPG



最後まで行ったらそのままドリブルで戻っちゃいましょう。

すると、こうなるのです。



140607-4.JPG



あら、ぶつかりそう。

これも、きちんとかわしましょう。

ただただルーチンだったのがこれで、時折刺激が訪れます。


お試しあれ。

無駄な動き

無駄・・・役に立たないこと。それをしただけのかいがないこと。

がむしゃらにただ動いて

プレーを一生懸命頑張ることは素晴らしいことだと思います。

ただ私は

その頑張りに無駄がなくなることで

視野が広がり、余裕が持てるようになれば

プレーの幅が広がり、新しい何かを得ることにもつながると考えています。

では、無駄をなくすにはどのようにすれば良いでしょうか。。

ズバリ、経験です。

ベテランと呼ばれる方々は数々の修羅場を経験し、

失敗反省を繰り返しながら

その都度、乗り越える為の打開方法を作り出して

無駄な動きが必要ないことを学んで

理にかなったその局面に必要な動きで対処しています。

ベテランといえば、多くの人は年輩(中年以上の年ごろ)の方々を

想像されると思われますが

 

幼い頃から早めに経験をさせることで

上記で言うベテランの時期を早めることも可能です。

 

幼いからといって理解できないと決め付けては

経験の時間を奪ってしまいます。

 

とにかく無駄な動きをなくす為には

多くの経験から学んで

『必要でない動き必要な動きを知ることなのです。

大事な試合

お酒好きですか?

ボクはそんなに好きじゃないです。コーラの方が好きです。

でも、最近ビールの最初のノド越しぐらいはあっても良いかなって思っています。ただ、それを超えて2杯3杯・・・ってなっていくと・・・

 

おえ~ってなります。。。

 

さて。

子どもの試合ですが、毎週末土日土日と祝日祭日は全て試合なんてやってるチームありますよね。

しかも、1日2試合3試合は当たり前。

 

でもね、ふと思うんですよ。

 

子供って体力内から20分ハーフとか25分ハーフなんですよね。それを1日で3試合も4試合もやっちゃあ、45分やれって話ですよ。

そりゃ、力をセーブとかしちゃいませんかね。

 

子供もね、そんだけ試合やったらその日が何の試合とかって分かんないんじゃないですかね。

で、コーチは言うのです。

"今日は大事な試合だ"って。

いや、試合に大事もクソもなく、全部大事でしょ。

 

まさに、お酒飲みすぎておえ~ってなっちゃう状態ですよね。

1番美味しく飲める状態で止めとくのが良いんですよ。

焼酎や日本酒に変えるみたいに、試合だけじゃなく違うものに変えませんか?

 

程よく飢えさすのも指導者の手腕ですよ。

個性の協力

  • Posted by: ナオキ
  • 2013年5月24日 15:56
  • 指導
個性・・・個人または個体・個物に備わった、そのもの特有の性質。


個性はその人が持って生まれた性質です。

私は個性にとても興味があります。



10人に同じ技を使用してもらいます・・・。

結果はまったく別のものになりました。


タイミング・速度・大きさ・形など

10人とも全て異なります。


使用する技は、技を使用する人によって

技の活かされ方が変わります。

続きを読む...

作戦

作戦・・・戦いや試合をうまく運ぶ方法や策略。転じて、物事を進めていくうえでのはかりごと。

ほとんどの監督やコーチは作戦を持っていると思われます。


では
教えている子供たちは作戦を持っていますか??
作戦を立てる楽しさ、作戦が成功した楽しさを知っていますか?


試合時、監督が熱心に作戦を伝える姿はよくみますが
真剣に聞いている子供達も
実際にプレーすると機能しないことはよくあります。


その理由のひとつとしては
作戦の意味や楽しさが理解できていないことです。

監督にはその意味が分かっていても
監督の立場を経験したことがない子供達には伝わらないと思います。


では、実際に
子供達自身に作戦を立てさせ指揮をとらせてみると・・・

とてもおもしろい発想や意見が飛び出してきます。

監督やコーチなど指導者の勉強になることもあります。


そして
その自分達が考えた作戦が成功した時の
子供たちの喜ぶ顔を見れたとき
彼らに作戦の意味と楽しさを伝えることが出来ます。


子供達にこの楽しさを伝えることで
作戦の意味や大切さが理解できて
監督が立てた作戦を素直に受け入れやすくなります。


さらに
実際に試合をするのは選手たちですので

練習の時から
子供達に作戦を立てさせ
身につけさせれば

プレー中でも瞬時に作戦を使用することが可能になります。


ただ
策士、策におぼれることもありますので
何事もバランスよく
ご使用下さい。

文句をつける

  • Posted by: ナオキ
  • 2013年3月 9日 10:43
  • 指導
勝負事には文句は付き物です。

文句をつける・・・苦情を言いたてる。また、言いがかりをつける。

苦情・・・他から害や不利益などをこうむっていることに対する不平・不満。


プロの世界では、自分を美化、正当化するために文句をつける時もあります。


負けたくない、勝ちたい・・・

その想いが強くなればなるほど文句も出やすくなります。

その多くは他人へ向けられます。

「あいつがいるからチームが弱い」
「ミスするなよ~」
「ヘタクソ」など


文句を言ったほうは気持ちがスッキリするかもしれませんが

言われた方は腹が立ったり、落ち込んだりします。


その影響もあって

本来の実力が発揮できないなんてこともあります。


そんなときは全然楽しくないですよね。

続きを読む...

褒められること

  • Posted by: ナオキ
  • 2013年3月 2日 10:31
  • 指導
選手にとって

褒められることって

上達する為にとても必要なことです。


拍手喝采(Aplauso)された時はとても気分が良い。


選手が頑張ってきたことを認められ

観ている方々が楽しんでくれた瞬間でもあります。



その気持ち良さを知ることで

「もっと練習して喜ばせたい」「もっと褒めてもらいたい」と士気も上昇し

更に努力することになるとおもいます。



私もベテランの年齢ですが

今も昔も褒められることでとても満足します。


次はどんなことで楽しんでいただこうかと試行錯誤して

新たな目的を創りだすことも可能になります。



ということで

指導者の方々は選手を褒めましょう!!



ただ

注意点があります。


褒められるタイミングによって満足度がかなり左右されることがあります。


それに選手によっては

褒めてほしいポイントも異なります。



ひたすら褒めればよいというわけではなく


選手が何に執着していて

何を努力しているかを見極めなければなりません。




それを知らずに褒めることで

逆効果になってしまうこともあります。



選手とコミュニケーションを取ることで

選手の性格・行動・夢・想いなど、おおまかなことは分かると思います。


何歳になっても

褒められることはとても気分が良いです!!

トゥーキック

  • Posted by: ユタカ
  • 2013年2月23日 12:41
  • 指導

数ヶ月前に参加したアンプティサッカーのW杯。

ウズベキスタンのチームが世界一になったんですけど、もうスゴイんですよ。

何がすごいって、キックですよ。

杖を軸にきっちりボールが蹴れるんです。

で、最終的にトゥーキックで思いっきり曲げたりできるんですよ。

 

それに刺激を受けた日本人選手。

自分のチームに帰って練習中に結構トゥーキック使ってましてね。

なんか、コーチ陣に"トゥーキック止めろ"とか言われてるんですよ。

 

なんか、小学生によくいう事ですよね。

 

あれって、なんでダメなんですかね。

だって、使えると便利ですよ。

ヒールキックやアウトサイドと違ってトゥーキックはやったらダメって言われますよね。

 

でもね。

ボク、思うんですけど。

インサイドキックが基礎とか言って何千何万とボールを蹴りますよね。

ヒールキック、トゥーキック、時折ラボーナなんてのも。

これらのキックも同じくらい何千何万と反復してたら、それはもう基礎になってますよね。

 

ただ、ミーハーな気分で味わうそういうキック達はよろしくないかもしれませんが、始まりはそういう気持ちですよね。

それが繰り返すことによって自分のモノになっていくんだと思います。

 

注意する前に繰り返させる方向で考えてみませんか?

発表会

  • Posted by: ナオキ
  • 2013年1月26日 11:58
  • 指導

発表会・・・さまざまな成果を人々の前で披露する会合

フットサル・サッカーでいう大会(試合、イベントなど)です。

これは選手たちが上達するうえでとても重要なことで
練習の成果を発表する機会・・・要するに本番です。


本番は様々な想いが頭の中を駆け巡り
選手たちは緊張・不安・期待などで圧力がかかり、プレーにも大きく影響されます。

この状態でプレーした時こそ、真の成長が得られると思います。


本番で日ごろの練習の成果が出ることで
その後の練習時から
自信に満ち溢れている選手やもっと努力しようとする選手も現れます。

続きを読む...

指導の基本

  • Posted by: ナオキ
  • 2013年1月11日 18:11
  • 指導

2013年、明けましておめでとうございます。


皆様のお力に少しでも貢献出来るように

本年度も書かせていただきますのでどうぞ宜しくお願い致します。



年の初めには基本的なことを確認してからの方が

後々応用もきくと思いましたのでこのテーマにしました。

指導の基本

続きを読む...

笛でコミュニケーション

  • Posted by: ナオキ
  • 2012年12月22日 13:17
  • 指導

私は指導する際に笛を使用します。


常時ではなく

以下の場合などで使用するととても効果を発揮します。


  • 雰囲気を真剣モードに変える(流れを変える)
  • 物事の始め終わりにメリハリをつける(集合など)
  • トラブル(ファウル、ケンカなど)
  • 試合・紅白戦・PKなど(試合の雰囲気で盛り上げる)
  • 自分に注目させる(静かにさせる)


これらを雰囲気にあわせ、タイミングよく使用するとバランスがとれます。



そして

これらをさらに活かすのは吹き方です。



では

どのような吹き方があるでのしょうか。

続きを読む...

きっかけは

  • Posted by: ナオキ
  • 2012年12月14日 14:48
  • 指導

私がボールを蹴り始めたきっかけは

小学1年生の時に友達に誘われ、クラブチームの朝練に参加したことでした。


毎朝、朝日が昇るのをみて

友達と話しながら自転車で通っていました。


早起きして練習に通うのがとても楽しかった記憶があります。



ただ

朝練に参加していた小学1年生の生徒達は

授業中に全員居眠りしてしまう為

学校からの強制で辞めさせられました。



それから2年が経ち

朝練をしてた記憶もなくなりかけた頃


親戚に誘われたことがきっかけで

再びクラブチームへ入団することになりました。



続きを読む...

選手自身が考える

最近ようやく野菜を食べるようになったボクですが、昔は野菜なんて全く食べませんでした。

肉肉肉、そしてラーメンラーメンラーメン。

絶対に体にはよくないはずです。

バランスの良い食生活。

その為に、学校の家庭科の授業で習うんでしょうね。

 

さて。

最近色んなチームで"選手自身が考える"ってのを売りにしてるチームをよく見かけます。

社会人チームでそんな事言ってるのは、置いといて。

小学生や中学生でそんな事を言ってるチーム。

結構、指導者の逃げに使ってる様子をよく見かけます。

続きを読む...

評価

  • Posted by: ナオキ
  • 2012年11月24日 11:08
  • 指導

 

評価・・・事物や人物の性質・能力・善悪・美醜などの価値を判断して定めること。

 

私は今現在ブラジルサンパウロ州で

毎週日曜日に小学生・中学生を対象に「ミニ・フットサル大会」を開催しています。

 

回を重ねるごとに

子供たちが成長しているのが明らかに分かります。

 

負けることに悔しさを感じなかった子供が悔しがるようになり

自主練習をするようになり

 

子供たちがやる気に満ち溢れているんです。

一番変わったのが目の輝きでした。

 

 

では

私が子供達に何を与えかというと・・

 

各子供達に評価をつけて見せてあげただけなのです。

続きを読む...

年功序列

  • Posted by: ユタカ
  • 2012年11月 2日 09:51
  • 指導 | 練習

ボクがまだ小学生の頃、"アイツ1個下のくせに生意気だ!"なんてセリフをよく聞いたもんです。

それに対して先生は"1個違うだけでそんなに違うの?"なんて言ってたもんです。

ま、そんな昔話は置いときまして。

 

ボクが手伝ってるお父さんコーチたちがボランティアで指導してるチームがあるんですけど、ちょっとややこしい。

何がややこしいって、急激に人数が増えたんですね。

で、増えたのは良いんですけど、そりゃそこそこ出来る子も出来ない子もいますよね。

 

そこでね。

出来る子は上に上げちゃえばいいじゃん。なんて意見が出るんですね。


続きを読む...

1対1と見せかけて...(2)

  • Posted by: ユタカ
  • 2012年10月 1日 12:21
  • 指導

さて、前回紹介した1対1。

始めたらこんな風にガッツリかわしてパスをするんじゃないでしょうか?


1対1と見せかけて...(2)-1


まあ、それも良いんですが、もっと楽しましょうよ。

完全に相手を抜き去る必要ありますかね?

ちょっと相手をずらして次の子にパスすれば簡単じゃないですかね。

続きを読む...

1対1と見せかけて...(1)

  • Posted by: ユタカ
  • 2012年9月24日 12:00
  • 指導

今日も1対1でもやりましょうかね。

の、前にサッカーで大事なのは自由な発想です。

そこを踏まえて、考えてください。

 

さて、今日の1対1はこんな感じ。


1対1と見せかけて...(1)-1

続きを読む...

もも色クローバーZ

  • Posted by: ユタカ
  • 2012年9月15日 11:28
  • 指導
タイに住む我が家に日本のテレビが見れるようになりまして。
その環境がスゴイとかそんな事は今回は置いときまして。

その見てたテレビにもも色クローバーZが出てたんですね。
自己紹介やら掛け声やらなんかスゲエっすね。
で、その掛け声やら何やらを、芸人さんに強要するワケですよ。
その、芸人さんもやらなきゃいけないような雰囲気になって、仕方なくやってしまうんですよ。いわゆる"空気を読む"ってやつですね。

さて。
コレを見て、最初は"よくやるなぁ"なんて思ってたんですけど、実はあのもも色クローバーZの現象ってのは指導の世界で通用するなと思いましてね。

続きを読む...

ユタカ的アドバイス「ウォーミングアップ」

  • Posted by: ユタカ
  • 2012年9月 1日 12:16
  • 指導

少年団のサッカーチームで見るこんな風景。

 

みんなで列になってグランド走って、輪になって柔軟体操。

インサイドキックやって、ヘディングやって、トラップやって。

気が付くともう30分以上。

 

これ、どうやらアップのようです。

なんか、時間もったいなくないですか?

続きを読む...

右へ抜け

  • Posted by: ナオキ
  • 2012年6月23日 11:49
  • 指導

目の前に相手を置いて

ドリブルの練習。

 

監督が子供に「右へ抜け」と指示をする。

 

日本人の子供は迷わず右へ。

そして

ボールを奪われた・・・・。(失敗)

 

ブラジル人の子供は

左に行くフリをして(フェイント)右へ。

そして

右へ抜けた。(成功)

 

違いがわかりますか??

 

この違いは成長に大きく左右します。

続きを読む...

パス&ゴー(2)

  • Posted by: ユタカ
  • 2012年6月 1日 14:46
  • パス | 指導

ボクの好きなマンガ"ワンピース"。

その中のこれまたボクの好きなキャラクター"チョッパー"。

ワンピースは海賊のマンガでチョッパーはトナカイだけど船医。その彼が言うんですよ。

 

"俺が万能薬になるんだっ!!!"

 

これ、サッカーにもこんなの練習があれば良いですよね。

ワンピースの話はそれだけで、結局何が言いたいかって言うと"万能薬"、つまり何にでも効く練習ってないんですよね。

例えばボールを蹴る練習をしまくるとドリブルが上手くならない。

ドリブルばっかりしてると今度はパスが出来なくなる。

結局いろんなシチュエーションが出てくるゲーム中心になっちゃうのがボクの現状です。

 

の、中でも一応トレーニングメニューは知ってまっせ。

って事で、今日は珍しくパスの練習でもしてみましょうかね。

続きを読む...

プロサッカー選手になる

ボクの小学校の頃は毎日サッカーの練習があったんですね。

監督は学校の先生だったんですが、熱心な先生でね。感謝感謝ですよ。

中学時代。

地元のクラブチームに入ったボクは毎日サッカーに明け暮れてましたよ。

高校時代。

みんなよりうまいと思ってたのに全く試合に出れないんですよ。なぜならドリブルしかできなかったから。

で、毎朝1時間自主トレ。

部活の後も自主トレ。ホントサッカーばっかりでした。

 

でもね。

Jリーガーにはなれなかったんです。

 

あれから時が経ちましてマニアックな国とはいえプロ選手になって、その後指導者になって。

自分が指導してる子に"プロ選手になりたい?"って聞くんですよ。

みんな"なりたい"って答えますよね。

 

でですね。

よく聞きませんか?

頑張ったらプロになれるとかって。


続きを読む...

期待されること

  • Posted by: ナオキ
  • 2012年4月 7日 19:53
  • 指導

私は
誰かから期待されると

が湧いてくるんです。

 

誰かから自分を必要とされるのと
同じような感覚だと思います。

 

自分の存在意義が
あるような気がして・・

 

誰かの為にもなっているような気がしています。

 

そうすると

必要以上にはりきって頑張るのです。

続きを読む...

ハンド推進委員会

  • Posted by: ユタカ
  • 2012年1月28日 14:13
  • 指導 | 練習

先日、フットサルをやってる人にこんなことを言われました。

"サッカーはあんなにスペースあるのになんでスペースの作り方が下手なの?"って。

そんな話するからフットサルとサッカーがいつでも喧嘩しちゃうのよとか思いながらボクは思うのです。

 

結局、ちゃんと自分とボールが動けばスペースなんて作れるのよね。って。

 

でね。

子供の指導をしてるとよくあるワケですよ。

相手ディフェンダーの後ろに立って"ヘイヘイ"って呼んでる子。ボクはそこでボールがもらえるか試そうとわざとパス出して相手にカットされます。

ホレ、そこ通らないじゃんって。

 

さて、このもらう側の人間。

サッカーって本当はしっかり動かないとパスってもらえないんですよね。

でも、だからボクは提案します。

続きを読む...

3点ゲーム

  • Posted by: ナオキ
  • 2011年12月10日 14:33
  • 指導 | 練習

3点ゲーム・・・3点先取したチームが勝利というルールのゴールをコーンに置き換えたミニゲーム。
         (負けたらペナルティ)


私が小学生の頃は
ほぼ毎日3点ゲームの練習の繰り返しでした。


その当時
何の意味があるか理解出来ず
黙々とプレーしてましたが


今考えると
この練習には上達するために必要なことが
沢山含まれてました。

続きを読む...

疲れた~

  • Posted by: ナオキ
  • 2011年11月26日 12:01
  • 指導

疲れた~


ここ何年かで
子供達からこんな言葉を
耳にすることが多くなった気がする。


私が子供の頃は
1日に5、6試合しても
疲れたなんて言わなかった。


なぜ??

続きを読む...

プレゼン能力

  • Posted by: ユタカ
  • 2011年11月15日 11:42
  • 指導

え~っとねぇ、なんか麺が細めで、スープがなんか美味いんだよね。

 

いきなり何の話か分からなくてスイマセン。

あの説明で、そのラーメン食べてみたい!!なんて思いますか?ボクならへぇ~って言って終わります。

で、ちゃんとラーメンの話でなく、サッカーの話に絡めていきたいと思いますが、ボクはラーメンとサッカーをこよなく愛します。

そのサッカーが好きというのが高じて指導者になったわけですが、このボクの子供の指導者っていう職業ですが、ボクはプレゼン能力が大事だと思ってます。

続きを読む...

当たり前のレベル

  • Posted by: ユタカ
  • 2011年10月 8日 11:11
  • 指導

ボクは指導現場にて"当たり前のレベル"ってのを気にしてます。

 

と、その前に。

今日はマジメに語ります。だからあんま面白くないです。

でも、結構大事なお話。

 

で、そのお話なんです。

ボクがまだ小さい頃、近所のおばちゃんやら友達のお母さんを見たら、ガッツリ挨拶してました。

コレ、ボクの当たり前です。

それがその当たり前が当たり前じゃなくなってるようなんですよ。

"歯を磨く""ごはん食べる""トイレ流す"と同じくらいの当たり前の"挨拶"が当たり前じゃなくなってきてるんですよ。

続きを読む...

基本ゲームでしょ

  • Posted by: ユタカ
  • 2011年7月 9日 11:12
  • 指導

たまにはボクが思う事をダラダラと書いてみますね。

 

この場を借りてこんな練習がありますとか、動画出したりしてるけど、ボクの思うところ結局ゲームでしょ。

シュート練習?

パス練習?

ドリブル練習?

 

結局のところゲームでしょ。

 

続きを読む...

指導法

  • Posted by: ナオキ
  • 2011年6月15日 16:36
  • 指導
指導方法

数えきれないほどある。





続きを読む...

1対1 again(2)

  • Posted by: ユタカ
  • 2011年5月16日 16:21
  • 指導

さ。

話が長いと朝の朝礼の校長みたいになるので、いきなり始めます。

 

前回紹介した1対1。

まず、ゴール前っていう設定を常に頭に入れてほしいですね。

だったらディフェンスはすばやくボールに詰めなきゃいけないし、オフェンスはまず点を取ることを考えたいですよね。

で、ですよ。

この1対1、ゴール前なんで常にシュートチャンスなんですよ。

だから綺麗に抜く必要ありますか?


続きを読む...

1対1 again(1)

  • Posted by: ユタカ
  • 2011年4月27日 18:37
  • 指導

こんなタイトル、前にも書きましたよね。

ボクは1対1が好きなので、そりゃ色んな1対1をやりますよ。

フィールドプレーヤー10人がみんな1対1で勝てれば、きっと試合も勝てるんではないかしら?と思いまして。(*あくまで子供のお話ですが。)

 

要するに、自分で相手に勝てないくせに他人を頼って試合で勝とうとするなってことです。

 

で、始める前に。

これは簡単な1対1ですし、かなりありがちな1対1です。ただ、前にも言ったように、何を意識してプレーするかだと思います。お付き合いください。

 

続きを読む...

ボールを奪おう(2)

いやぁ、指導してますか?サッカーしてますか?

ボクですか?ソレしかしてないです。

 

こんにちわ。ユタカです。

 

さ、前回のボールを奪おうの続きです。

前回のゲームですと、ボールを奪って四角の外に出すというものでしたね。

で、それって実際の試合だといかがでしょう?相手のボールを奪って、そしてクリア。

 

なんか、芸がなくないっすか。

 

ってことで、こんなちっちゃなゴールを置いてみましょう。


続きを読む...

ボールを奪おう(1)

最近、暑さも和らいで過ごしやすくなってきましたね。

あ、日本じゃなくタイです。日本は凍える寒さなんでしょうね。

 

こんにちわ。ユタカです。

 

な~んていう、平和な書き出しで始まりましたが、今日の練習は戦ってもらいます。

ボクの勝手な思い込みかもしれませんが、ドリブルの上手いヤツってボールを奪うのも上手かったりするんですよね。

あくまで子供のレベルの話ですが。

 

続きを読む...

伝え方

  • Posted by: ユタカ
  • 2010年12月 4日 20:20
  • 指導
皆さん、学校で受けた授業で心に残っている事ってなんですか?
ボクは、新任の先生が緊張しながら、授業の空気を良くするために話してくれた、スッチー・・・キャビンアテンダントとの合コンの話でした。

どこの女性は可愛かった。
どこの女性は・・・
みたいに。

15年も前の話です。

続きを読む...

Index of all entries

激安サッカーユニフォーム.com > 指導 Archive

Feeds
Links

Return to page top