激安サッカーユニフォーム.com > 記事一覧 > 2015年1月 Archive

2015年1月 Archive

裏海外サッカー (23) ~ウガンダの給料未払い~

ウガンダでのチームは県庁のチーム。

色々とややこしい事があっての契約だったのね。


で、ふと思い出すと、契約書なんてなかったなぁ。。。


そこがまず問題なんだけど、そこはあんまり話に出てこないからスルーしちゃってね。


さて。

県庁のチームはお金はそこそこ持ってるのね。

でも、ケチで有名らしい。

ケチだから給料払わないとか結構あたりまえじゃない話なんだけどさ。

日本の非常識、ウガンダの常識。

ってことで、みんな払われない時期があったのよ。

ここで、バングラデシュとの違いが。


チーム全体でボイコット!!!


やった!

仲間が出来た。

その時期はチームの空気は冷え切ってるよね。

給料もらえるかもしれないからみんな一応チームハウスには行くのね。

で、暇だし軽くボール回しとかしてるの。


ここで、国民性なのか個人なのかは定かじゃないけど、元年代別代表のオティカって選手。

彼、バスケの練習してたからね。。。

なんならいつものサッカーのトレーニングより必死こいて。


そのままボイコット続けて、リーグも出場しないで不戦敗も味わってるのね。

1シーズンで不戦勝も不戦敗も味わった選手、相原ユタカ。

あと、1試合ボイコットしたらチームは消滅させるって協会から通達があって、ようやく給料は支払われたの。

支払われたのもその試合当日のギリギリの時間だけどね。


これが、ウガンダの給料未払い。

でも、全てがこれじゃないからね。

裏海外サッカー (22) ~バングラデシュの給料未払い~

タイトルでありえない感じですが。

こうやって海外でプレーすると結構聞く言葉なのね。


基本的にちゃんと契約書は交わされるのね。

でも、給料日にはするりとかわされるのですよ。


で、バングラデシュの文化として、目上の人間に下の者が逆らうのはご法度。

現地に住む日本人はカースト制度の名残がなんて言ってるけど、それってインドじゃないかな?

なんてボクの疑問はお構いなく、給料は払われない。


だけど、ボクにそんな文化は知ったこっちゃねえ。

そのくらい、若さと勢いと牙がボクにはあった。

言ってやったよ。

"給料払わねえならもうプレーはしない"


いわゆるボイコットですよ。

一人ボイコットね。

当然のことながらチームのマネージャーは面白くないわな。

給料もらえないボクだって面白くないわな。

こんな話聞いてるだけの人しか面白くないわな。


でね。

面白くないチームマネージャーはこんな行動に。


"警察さん、あの日本人ビザ切れてますよ。"


あの野郎、自分とこの選手売りやがったっ!

ってゆーか、正確に言うと"切れてた"だから。

これも、チームの責任なんだけどボクのビザを全く更新してくれてなかったのよ。

途中で、こりゃやべえってさすがに感知したから結構な罰金を払ってクリアしたの。


なのに、警察はボクの元へ。

何を言ってもパスポート見せても引き下がらない警察。

あれしかねえな。


う・ら・が・ね。

ってゆーか、なんも悪いことしてないのにお金渡さにゃならんってどういうことよ。

これで飯でも食えって。

200円・・・


上機嫌で"No Probrem"って言って帰って行ったよ。

漢字で書いたとき、裏金って文字が募金に見えて来たもんね。

これが、バングラデシュの給料未払い。

次回はウガンダの給料未払いでお会いしましょう。

Index of all entries

激安サッカーユニフォーム.com > 記事一覧 > 2015年1月 Archive

Feeds
Links

Return to page top