激安サッカーユニフォーム.com > ブレイク > 休養(睡眠編)

休養(睡眠編)

睡眠・・・周期的に繰り返される生理機能の持続的な低下状態をいい,生体のエネルギー蓄積と疲労の回復に必要。普通,意識の喪失,反射など神経機能の低下,感覚の鈍麻あるいは消失,筋肉緊張の変化,脈拍や呼吸の緩化,物質代謝の低下などを伴う

 

今回は前回のブログで休養について話したひとつ

「睡眠」についてお話し致します。

睡眠についてはとても深い話なので

末永くプレーを楽しむために、是非とも参考にして下さい。

 

私は

「レム睡眠」「ノンレム睡眠」が1時間半周期に変わることを利用して

翌日起きるアラームをこの周期に合わせています。

誰もが一度は体験したことがあると思いますが

今日は「目覚めがいいなぁと」いう時が

この周期の変わり目にあたった時と聞いています。

 

余談は後にして、本題にいきましょう。

 

休養でなぜ睡眠が大切なのか??

それは下記のようになるからです。

 

睡眠不足 ⇒ 回復力の低下 ⇒ 体力の低下 ⇒

怪我病気故障などのリスク ⇒ パフォーマンスの低下

 

では、どのような睡眠の方法をとれば良いのか??

良い睡眠をとるには、まず睡眠についての物事を知りましょう。

 

  • メンタルストレス、フィジカルストレスが多いほど、選手が必要とする睡眠時間も比例して多くなる。

各選手の睡眠に必要な時間は、年齢・体力・生活リズムなどによって変化することを覚えておきましょう。

 

  • 食事管理、食事の時間帯に注意して、睡眠の2-3時間前までに、食事(夕食)を済ませる習慣をつけましょう。

スポーツ選手はバランスのとれた食事を心がけ、食事量を適度に保つことは当然だが、食事の消化プロセスが睡眠の質を下げる一つの原因となることも覚えておきましょう。

 

  • なるべく同じ時間帯に就寝、起床しましょう。

健全な睡眠プロセスを保ちパフォーマンスを最大限に発揮したい場合は、毎日の生活サイクルを整えることが大切です。特に消灯、起床、食事、練習の時間帯は規則正しくサイクル化できれば理想です。

 

  • 睡眠環境(ベッド、寝室、枕など)の調整

ベッドは固すぎず、柔らかすぎずなど、寝室は快適であるように工夫しましょう。枕によって睡眠の質が大きく変化もします。

 

  • 睡眠環境の湿度、温度の調整

室温は18-22度ぐらいが理想であり、湿度は40-70度までにキープすることがベスト。寝室には蛍光灯など刺激のあるライトを使わず、騒音を遮断して深い睡眠を助長しましょう。

 

  • ベッドに入った後、早い時間帯に眠りに入る習慣をつけましょう。

すぐに睡眠につく習慣をつけることにより、体力を早急に回復することが可能となります。また不眠症などを防ぐためにも、『寝室=寝るための場所』という生活習慣をつけましょう。

 

  • 睡眠の直前には激しい運動や精神的ストレスを避けましょう。

消灯前にはリラックスした音楽を聴きいたり、精神が落ち着いた状態しましょう。頭脳を刺激する映画、ゲームなどは就寝前には極力避けたほうが良いです。

 

上記は睡眠いついての一例ですが

私達は人生の3分の1を睡眠に費やしています。

15年生活すると、5年の時間を睡眠に費やしたと計算することもできます。


時間を費やす「睡眠」だけに

最高の質を追求したほうが良いと思います。

快適な睡眠で、良い休養をとってください。

激安サッカーユニフォーム.com > ブレイク > 休養(睡眠編)

Feeds
Links

Return to page top