激安サッカーユニフォーム.com > 戦略と戦術 > 心理を考えた戦い

心理を考えた戦い

心理・・・心の働きやありさま。精神の状態。

(ことわり)・・・物事の筋道。ことわり。道理。 不変の法則。原理。理法。

勝負事は

心理を上手に利用した者が有利になると考えられます。

その時の相手(敵)の心理を見抜き、理にそって物事を進めていくことで

相手の本来の実力を発揮させないことも可能です。

例)
シュートを相手(敵)から<30cm離れた場所>と3m離れた場所>から打たれる時の相手の心理はどうなっているのでしょう。

30cmの場合>⇒ 距離が近いので敵は怖がらずにシュートコースを塞ぎ、間合いを寄せてボールを奪いにきます。

3mの場合>⇒ 距離が遠くなった分、顔面に当たる確率も増えるので面と向かってボールを見ることが出来ないでしょう。

では、相手(敵)のこの時の心理を利用して攻撃しましょう。

30cmの場合

相手がシュートコースを塞ぎ、間合い寄せてくることを利用して、そのコース以外の方向に大きく前にボールを出してドリブルで一気に抜き去ります。

それとワンツーパスを狙うなら、この間合いがベストです。

3mの場合

距離が遠くなった分、顔面に当たる確率が増える恐怖を利用して、シュートフェイントからパスやドリブル。

ゴレイロ(キーパー)のブラインドを利用して、相手が避けることを狙ってそのまま相手に向かってシュート。

一度相手にシュートしてボールを当てた記憶をさせると効果は倍増します。

上記は一例ですが、

相手の心理を探って、その心理を利用した攻撃はかなり有効です。

 

是非、心理戦を楽しんでみてください。

激安サッカーユニフォーム.com > 戦略と戦術 > 心理を考えた戦い

Feeds
Links

Return to page top